HOME>人気記事>希望条件に合った介護の求人を探して転職しよう!

介護職へと転職する

これからますます需要が高まっていく介護の分野ですが、介護職から同じ介護職へと転職する人の数も多くなっています。転職活動を行う上で欠かせない面接で、転職理由を問われても前向きな返答ができれば、好印象を与えることができます。介護福祉士として転職するなら、そのポイントを押さえておきましょう。

転職先を選ぶ時に押さえておきたいこと

男女

働きやすい職場環境

働く介護の事業所が優良であると、長く同じ職場で働き続けることができます。しかし、介護の現場では、事業所によっては離職率は30%を超えてしまうケースもあります。事前に勤務体制や待遇、働いている職員の数などを確認しておきましょう。

求人の探し方

求人を探すなら、ハローワークへ足を運んだり、求人情報や求人サイトなどでチェックする方法があります。自分の希望する条件が明確にある場合には、専門の求人サイトなどを利用すると効率よく探すことができます。

志望動機を明確に

面接の準備をするなら、しっかりと応募先に対して感じた魅力や特徴などを伝えるようにしましょう。また、自分がこれまでの仕事の中で経験したことや、自分の強み、これからどのように貢献していきたいかを明確にしましょう。

職場見学

希望に沿うような求人を見つけた場合には、職場の見学をすることをおすすめします。実際に事業所の規模を確認したり、どのような雰囲気で業務が行われているのかを見ることで、実際に働くときのイメージがしやすくなります。

希望条件に合った介護の求人を探して転職しよう!

女性たち

転職後に後悔しないように

転職した後で「思っていたところと違う」と後悔しないためにも、働く事業所をしっかり選ぶことが大切です。そして、面接では質問を準備しておくことで、働く前の疑問を解消することができます。